保険見直しの時期

保険というのは、最初に契約した時から生涯変わらないものではありません。
多くの場合人生の転機や経済状況によって保険見直しは必定です。
見直しの時期として挙げられるのが、就職した時や結婚や出産などで新たな家族が増えた時、家を購入した時など、大きな転換期です。
独身の場合と家族の家計の収入のほとんどを担う場合とでは、当然保障額は大きく異なります。

また、結婚して見直しが必要になるのは、夫の扶養家族となった主婦も同じです。
子供ができた場合、出産して終わりではなく、そこから独り立ちするまでに掛かる費用負担は大きく、増額が必要となります。
また、両親に何かあった場合、残された子供が生きて行くのに最低限必要なお金を残したいものです。

立場によって大きく保障額が変化する保険は、一生の間に幾度となく見直し、その時々に最適となる様更新することが望まれます。
例えば共働きの場合、妻の年収が850万円以上の高額の場合、遺族基礎年金がおりません。
そのため死亡保障の金額を見直す必要があります。
また、景気によって賃金も変動します。
それにより家計を見直す必要にせまられ、全ての項目で経費をカットしなければならなくなります。
保険は最も見直される項目の一つであり、家計を圧迫しないタイプのものに変更するケースが増えています。
このサイトでは、身の丈に合った保険料へのシフトを目的として情報を提供し、保険見直しのタイミングを決定するアシストができれば幸いです。